米グーグルは17日、自社で開発した新型スーパーコンピューターを人工知能(AI)の研究者向けに無料で開放すると発表した。計算速度は理化学研究所のスパコン「京(けい)」の18倍で、グーグルのクラウド経由で利用する。世界最高水準の計算能力を提供することで、外部の研究者との連携を強化し、AIの普及を加速する。

本社を置くカリフォルニア州マウンテンビューで17日から始まった開発者向けの年次会議「I/O(アイオー)」で、スンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

 「テンサーフロー・リサーチ・クラウド」と呼ぶスパコンは、グーグルが自社で設計したAIの処理を高速化する新型プロセッサー「クラウドTPU」を1000個備え、1秒間に最大18京回の計算ができる。

 昨年初めて公開した初代TPUは機械学習のうち、あらかじめ用意した特徴と照らし合わせる「推論」処理しか実行できなかったが、今回発表した第2世代のTPUは特徴を抽出する「学習」にも利用できるため、用途が広がる。

 リサーチ・クラウドを利用するには、研究成果を公開することが条件。グーグルは同じ計算能力を同社のクラウドサービス「グーグル・コンピュート・エンジン」で一般向けにも有料で提供する計画だ。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN17H2E_Y7A510C1000000/

コメント一覧
研究内容の収集はじめました
何か間違ってる気がする…
力技でAI設計しても実用化に時間がかかるだけじゃない。
無いよりはマシなんだろうけどね。
京の18倍って
もうスパコン開発やめろよ
技術情報盗み放題^^
意味が良く分からん契約書にサインさせられて成果を吸い取られてオワリか
あるいはスカウトの声が掛かるのか
>>5
盗まれるモノもないから安心しろ
アイディア段階で研究内容を推測してパクる?
スパコンの利用料金ってピンキリだからなぁ。タダからウン千万円まで。
Googleが世界中で独禁法違反で、
干上がりそうだな。